浮気調査を探偵に依頼する時に探偵が失敗してしまう例とは

浮気調査を探偵に依頼する際に探偵が失敗する例としてよくあげられるのが、張り込み中に近所の人に声をかけられることと、警察に通報されることです。
外で張り込みをしている場合はもし声をかけられても、あまりあわてないように挙動不審ならないようにすることが必要です。
またもしも警察に通報されたとしても絶対に対象者および依頼者の名前を口に出してはいけません。
やむを得ない場合は自分が探偵だということを名乗り、張り込み中だったということだけを伝えるようにしなければいけません。
そうすれば大体警察も状況を理解してくれて、それ以上のことは聞かないことも多いでしょう。
浮気調査を探偵に依頼する際、探偵はいろいろなリスクを背負いながら仕事しなければいけないのですね。